在宅ワークで成功に結びつく為のマナー

在宅ワークで業務を行う場合、基本的には顔が見えないクライアントとやり取りを行いながら信頼を得る事で、報酬のアップに1歩ずつ前進します。最近は仕事の進捗を推進する為にランサーズなどのクラウドソーシングのサイトで、パソコンの画面上で通話をしながら業務を行えるシステムが導入されています。サイト上でメールを介して文章でやり取りするよりも、会話をしながら仕事などの理解できていない部分をリアルタイムで聞く事で作業の効率が上がります。

長期的な視点で在宅ワークとして成功を収めるためには、個人的に作業を行う場合に理解できていない部分を頻繁にクライアントとメールなどでやり取りをする必要があります。クライアント側から見ると、きちんと依頼した内容の通りに成果物を納品してくれる事を望んでいます。指示した通りに作業をこなせているかどうかが重要なポイントで、希望する日時に納品をしてくれる事も重要です。成果物に関して、納品する際の形式やデータなどをクライアントと話し合って、サンプルとして納品する物を送っておくと良いです。サンプルのファイルなどを送って、指示された通りに作業を行っていれば、信頼性を獲得できます。信頼を積み重ねていく事に繋がる事によって、次の仕事をも安心して仕事を頼める気持ちになります。

在宅ワークに従事する場合、業務の内容に関して誰も見ていない事によって自己管理する責任感の能力が問われます。自宅の業務であっても、仕事のやり取りに関しては一般的な職場と同じです。人間が業務を行っている事で、依頼の最中で病気などで業務を行えない事もあります。病気などでどうしても仕事ができないことは仕方が無いが、事情があって全く連絡をしない事は禁物です。病気などの事情があった場合、依頼者にメールなどで一言だけ事情を説明する事で、不安を解消する事に繋がります。プロジェクトの最中で、質問や中間的な報告をすると不安感の解消に繋がって、コミュニケーションの手段として大事であると言えます。

SNSでもご購読できます。