手作業の内職で稼ぐ方法

最近は、インターネットの普及により、ネット上での副業が盛んに行われるようになりましたが、今でも、昔からある手作業による内職で稼ぐ方法が結構あるものです。そこで、手作業による内職で稼ぐ方法をいくつかご紹介したいと思います。

まずは、造花作りです。これは、昔からある代表格の内職と言っていいのではないでしょうか。バラバラになっている部品を組み合わせて、バラやカーネーションといった造花を作り上げる仕事です。1本5~20円といった相場になっており、コツコツ続ける根気が必要となります。モノ作りが好きな人にお勧めの内職です。

シール貼りといった内職もあります。シールを貼るだけの簡単な作業で、単価は0.5~2円ぐらいです。ダイレクトメールや封筒、袋詰めのパッケージなどのシールを貼ります。シールの大きさは、バーコードのような大きいものから、アクセサリーやネジの小袋に貼るような小さなものまであります。ピンセットを使って貼るサイズのものもあるので、内緒を始める前にはしっかりシールの大きさも確認しておくことが大切です。

値段カット作業の内職もあります。ブランド品の値札などをハサミやカッターを使ってカットする仕事です。刃物を使うことになりますので、簡単な作業とはいえ、常にケガしないように注意して行う必要があります。ただその分、単価は40円と少し高めとなっています。

この他、袋詰めや封入といった作業の内職もあります。ポケットティッシュに広告を入れたり、絵ハガキやボールペンといった商品の袋詰め、ダイレクトメールの封筒入れなどがあります。まとまったお金にするには数をこなす必要がありますが、比較的作業は簡単なので、サクサク進めることができます。常に仕事の発注があるので、人気のある内職となっています。単価は、0.3円~20円と様々です。内職で稼ぐには、集中力や持続力が必要となります。単価自体は安いものがほとんどですが、慣れることでスピーディーな作業が可能となるので、徐々に稼げるようになります。

SNSでもご購読できます。