現実的な目線でサラリーマンが大金を稼ぐ方法!

一攫千金や大金を稼ぐ方法はいつの時代も魅力的なものですが、当然お金を稼ぐということはそう簡単なものではありません。

こうした億万長者のドリームストーリーは株式投資の専門誌などでよく見ることが出来ますが、これらは一部の成功例であり、その影には多くの失敗例が存在します。宝くじを買ったり、株式投資を行ったり様々な成功例はありますが、ここではより現実的にサラリーマンが大金を稼ぐ方法としてFXをおすすめします。

FXは外為法の改正により2000年以降急速に取引数を伸ばしてきた投資ですが、今でもその柔軟性の高い投資方法で人気を集めています。株式投資とこうしたFXとの大きな違いはレバレッジと取引時間です。

株式投資は基本的に日本時間の9時から3時までの取引となるので、中々サラリーマンの方が仕事をしながらトレードするのは困難ですが、FXは最も活発な時間帯が夕方から夜にかけてなので、仕事終わりのサラリーマンの方でも十分取引可能です。また株式投資のレバレッジよりもFXの方が自己資金が少なくても取引出来るので、大金を稼ぐ方法としても効率的なものになります。

しかし、投資なので当然リスクは付いてくるのですが、一回の取引で数十万円や数百万円などケタ違いの数字を稼ぎ出そうと無理しなければ、十分リスクコントロールは可能です。

さらにたった数万円の利益であっても、FXは取引のチャンスが多いので大金を稼ぐ方法としても優れています。例えば一回の取引あたり1万円の利益であっても、月営業日20日でそれぞれ二回ずつトレードすれば、40万円の利益を得ることは出来ます。

これは皮算用ではなくFXの取引としては非常に現実的なものですが、レバレッジを調整することによって、月4万の利益を狙いリスクを抑える、または月100万円の利益を狙いリスクを取るなど様々な方法が選択出来ます。こうしたFXの利便性を活かしながら投資を行うと、非常に地道な作業ではありますが、大金を稼ぐ方法は現実的なものになります。

SNSでもご購読できます。