もはや家計を支える主柱の一本、主婦の副業

長距離ドライバーとして長年働いていましたが、事故で長期休業・転職せざるをえない状況になり、その間妻が始めた副業に大きく助けられました。事故前から妻は副業で少し収入があったのですが、「しょせん主婦の副業、しれたものだろ」とちょっと軽く見ていました。妻が行っているのはハンドメイドアクセアリーの販売で、海辺のちょっとグロテスクな生き物を可愛く粘度でアレンジしたキーホルダーは主婦仲間の間で話題になり、希望者が相次ぎました。

ブログで販売したところやはり評判が良く、現在も一番人気の商品です。私が事故でピンチに陥った時、妻は一念発起してアイデアをポンポンと出し、商品の種類も大幅に増え、収入は月6万円を超えました。私が働けない状態での収入は有難く、主婦の副業を低く見ていた自分が恥ずかしくなりました。ナマコ、バフンウニ、ウミウシ、エチゼンクラゲ、販売を始めた初期の頃からの作品を見ていますが、まるで漫画のキャラクターが垢抜けるようにどんどん進化しているのがよく分かります。妻には「家計を支えなきゃ、稼がなきゃ」という重い意識よりも、ただ楽しんでやっている気持ちが強いのだと思います。これは副業を続けていく上でとても大切なことなのではと思います。ただネックになっているのは量産できないことです。全部妻の手作りで一つ一つ微妙に形もちがうもので、私が手伝えることも非常に限られた箇所だけです。しかしこの味わいこそが魅力なのですから、致し方ないのでしょう。妻としてはこれ以上情報を広げて販売網を大きくするよりも、作風、品質にこだわっていきたいとのことです。療養後私は転職して物流内のフォークリフトドライバーになりました。

収入は長距離ドライバーの時と比べガクンと落ち、手取り17万円です。これに妻の副業収入を加えて家計は何とかギリギリ回っている状態です。決して豊かな状態とは言えませんが、主婦の副業は立派な家計の主軸として成立することを妻は証明してくれました。妻にはさらに腕を磨いて作品を向上させてほしいし、私も妻に負けないように収入を伸ばしたいと思います。妻のアクセサリー
副業は私の気持ちの向上にも影響しています。

SNSでもご購読できます。