今、副業の主流は自宅でのネット副業!!

バブル景気が崩壊して早四半世紀、その間経済が低迷する中で日本人の働き方がずいぶんと変わってきたように感じます。

終身雇用の崩壊、リストラ、転職、派遣・契約社員など非正規雇用労働者の増加など様々なことが起きていますが、近年ではそれに加えて副業を持つ人たちがサラリーマンや自営業者のみならず主婦層にまで増え始めています。

低い経済成長の中で期待できない所得の増加を副業で補おうということですが、副業をする人がこんなに増えているのにはもう一つの要因、副業の始めやすさが関係していると考えられます。というのも現在増えている副業人口の多くが行っているのは以前とは違う新しいタイプの副業だからです。

副業を持つことは昔から行われていましたが、肉体労働や夜の仕事など体力や時間面で負担が大きかったり、またサラリーマンは社内規則で禁じられている場合が多いなどあまり一般的ではありませんでした。

しかしそこに近年、インターネットに繋がったパソコンやスマートフォンを使って行われる所謂「ネット副業」が登場しました。ネット環境さえあれば場所を選ばないネット副業は自宅で行えるので体力の負担や時間面の制約が小さいばかりか年齢や履歴、資格などを問われる事もありません。

仕事の種類は様々ですが、データ入力や文章作成など単純な作業も多く、それらを選べば誰でも簡単に自宅でネット副業を始めることが出来るのです。面倒で時間のかかる通勤を毎日しているサラリーマンにとって、その必要が無い自宅でネット副業は嬉しいだけでなく時間の節約などメリットも大きく、この点も副業の始めやすさにつながっているといえます。

長らく社員の副業を禁じていた企業も最近では解禁する動きが増えていることからネット副業を初めとした副業人口はこれからも増加を続けると考えられます。経済も社会も変わり続けています。自宅でネット副業はこれからの日本人にとって当たり前の働き方になるかもしれません。

SNSでもご購読できます。